エンジニアの人材紹介キャリア採用代行なら
サムライズ株式会社

RSS メールでのお問い合わせ
電話番号:
  • HOME
  • HOME
  • HOME
  • HOME
  • HOME
  • HOME
  • HOME

導入実績

ヘッドハンティングのサムライズ

サムライズで手がけたハンティング案件事例を クライアントの課題ごとに詳しく紹介しています。

ほんの一例をご覧下さい。

ヘッドハンティングのサムライズ

半導体生産の歩留まりを改善したい

事業概要:半導体メーカー

事業規模:10000人以上

課題

半導体の製造効率を改善したい。

ターゲット

半導体製造装置メーカのプロセスエンジニア

内定までのストーリー

半導体メーカーは製造装置の歩留まりを改善し、さらなる効率アップの為に、製造装置メーカのエンジニアを採用し、装置の最適化を図る。

一方で、製造装置の開発を手掛けるエンジニアは最終製品を見ながらデバイス開発を行えるのでスキルの幅を広げることができる。双方の利害は一致する可能性がある。

ヘッドハンティングのサムライズ

次世代の環境車両を開発したい

事業概要:自動車メーカー

事業規模:10000人以上

課題

次世代の環境車両(EV、FCV)の基幹部品の一つ、モータの専門家を採用したい

ターゲット

モータ専業メーカ

内定までのストーリー

自動車メーカーの多くはモータを外部から調達している。高効率なモータの開発において、サプライヤーに丸投げするのではなく、自社にサプライヤー同等以上の知識を持つ技術者を置くことでさらなる品質・効率アップを図れる。一方、モータ専業の技術者は、車載モータに関心を寄せる方が多く、インバータや二次電池など、セット開発に関われることを魅力に自動車メーカを志望する方も多く、双方の利害が一致しやすい。

電源を内製化したい

事業概要:電機メーカ

事業規模:事業規模

課題

製品コストの価格競争力を高める為に電源を内製化したい。

ターゲット

電源メーカに在籍するミドルクラスのエンジニア

内定までのストーリー

電源を外注していることにより製品コストが上昇、利益を圧迫していることから、電源の内製化を検討。自社内に電源専門の技術者がおらず止むを得ず外部からヘッドハンティングして採用することになった。複数の電源メーカのゼロから設計できる技術者をリストアップし、交渉に入る。電源だけでなく、電源を含めた製品の開発に関われること訴求し、交渉が成立。電源の内製化を図る企業の思惑と、電源だけでなく製品開発を手掛けていきたいと考えるエンジニアの利害が一致した。