エンジニアの人材紹介キャリア採用代行なら
サムライズ株式会社

RSS メールでのお問い合わせ
電話番号:
  • HOME
  • HOME
  • HOME
  • HOME
  • HOME
  • HOME
  • HOME

ホーム / ブログ / 医者を目指した医学生の話

医者を目指した医学生の話

弊社は「エンジニア」の皆様を対象としたヘッドハンティング会社です。

あまりお医者様との縁がありません。

しかし、ここ数か月、Amebloを通して一人の医者を志す医学生のブログを拝見し、わずかですが

メッセージなどを通して交流しました。

彼女の名前は彩華さん。まだ20代前半で医学部に通う医者の卵です。

☆あやか☆のブログ

臨床実習中に患者さんが急変し、亡くなったときの心境を次のように綴っていました。

———————

医学の限界

命と向き合う職務に

人生を捧げたいと

改めて思う

———————

そんな彼女が、昨年肺癌に侵され、余命3ヵ月の告知を受けました。

そして、先日、最後の更新と思われるブログがアップされておりました。

会ったこともありませんし、直接話したこともありません。ただ彼女の綴る

ブログを見ていて、その人間性と医者を志す高い志に、私は強く惹かれておりました。

本当に無念です。

転職市場を見渡すと

「生涯をかけて取り組みたい何か」

というものを見失っている方、わからない方、たくさんおります。

おそらく、人生で一番大切なのは、一生をかけて成すべき何か、に巡り合えるかどうか、ではないでしょうか。

決して目先の給与やポストなどではありません。

某牛丼チェーンのワンオペがどうだの、成果主義導入がなんだの、労務環境や制度面にばかり捉われすぎて一番大切なことを見失っていませんか。

本当にやりたいことはなんですか。

一生をかけて熱くなれる仕事はなんですか。

人生は非常に短いです。

将来の年金を心配するまえに

自分の生き方を決めなければなりません。

彩華さんのように。

勉強が足りないならば勉強すればいい。

いくつになっても遅い、なんてことはありません。

強く願い、努力を重ねれば必ずや道は開かれます。

生きているだけで丸儲けなのですから。

頑張りましょう!!

 

 

test test